【パナソニック】ビルトイン食洗機が壊れたら寿命…?修理履歴やセルフ交換のコツなど12年体験談。

 
新築時にシステムキッチンに組み込んでもらったビルトインタイプの食洗機。
 

 
我が家にとって・・・というより

基本、家事が好きでも得意でもない私にとって、無くてはならない大事な大事な存在です。
 
自分で洗うよりキレイになるし節水にもなるしイイコトだらけ(^^♪
 
また、見た目も据え置き型じゃないから、余分なスぺースもとらずすっきり。

流しで残飯や汚れを軽く落として、食洗機にポイポイ入れていけばいいので、導線もバッチリでした!

 

修理 OR 交換?どっちがお得?

 

働き者の我が家の食洗機ですが、これまで何度も不具合をおこして、その都度修理を依頼しています。
 

初めて「 故障…? 」の症状やエラーが出たときは焦りましたが、修理を依頼すれば、バッチリ直してくれて、すぐにまた活躍してくれるので本当に頼もしい・・・

 
10年以上前のものですが、部品切れもなく「 修理で直る 」という大手メーカーならではの安心感も大きいです。
 

パナソニック修理相談窓口(休日も可)
0120-878-554

これまでの我が家の体験から、使用歴10年未満や初めての不具合ならまずは修理で対応、逆に頻繁に不具合が起きてたびたび修理をしていたり、使用期間が10年を超えていたら交換も視野に入れるというのが一つの目安かと思います。

ちょっと待って!修理を依頼する前に試してみるべきこと。

 
ただ、水漏れのエラーメッセージが出てパナソニックのコールセンターに「 何か自分でできる対処法は? 」と聞いてみたら、「 修理するしかない 」という状況だった時でも、とっても簡単に見事復活した方法があるので紹介します。

パナソニック純正の庫内クリーナー

 

 

Amazonの口コミで、「これを使ったらエラーが解消された!」という書き込みがあったので、ダメ元で試してみたら見事復活~!

庫内クリーナー自体は、取説でも紹介されていました。(後で気がついた・・・)
 

 
Amazonで簡単に手に入るのでありがたいです。
しかも送料無料で翌日届く!

排水カップを外して掃除してみるという手も!

 
水漏れエラーがなぜ庫内のクリーナー洗浄で改善したのかは、不思議だけど結果オーライ的に思ってましたが、この記事を書くために再度アマゾンの口コミを見ていたら理由らしきことが判明。。
 

PanasonicのNP-45MD55で、エラーコードH21の器内水漏れ表示が出ました。

食洗機を外して水漏れ箇所を調べたところ、排水が一旦溜まるカップ(水位センサー?)の中に、油やカビが詰まって排水が溢れたのが原因でした(写真2枚目)。

食器洗剤では油が溶けきれず、残ってしまいカップに溜まってしまようです(1枚目の写真がカップから取り除いたヘドロのほんの一部)。

他の方がこのクリーナーを使ったら、同じエラーが起こらなくなったと言っているのは、恐らくカップのヘドロが溶けた為と思われます。
ただし、食洗機の下は漏れた排水が残っているはずなので、食洗機を外して掃除しない限り、匂いやゴキブリをおびき寄せる元になると思われますので、可能ならば外す事をオススメします。

食器の油は食洗機に入れる前にキッチンペーパーで取り除いた上で、使っていてもこの状態です。
このクリーナーを定期的に使えば、このような事態も避けられるでしょう。

 

写真の確認はこちら
 
とても的を得ていて参考になりました。
そういうことか・・・!

レビューで改善したと書いている人の中にも、恐らくそれが(排水カップが詰まっていた)原因であったケースも多そうだし、我が家の水漏れの原因もそうだったのかも。。
 

一度は庫内クリーナーで延命できたけど、カップを取り外してキレイにすればもうちょっと使えたかな・・・
 
メーカーのコールセンターでは「自力でできる対応はない」と言われた事例でしたが、Amazon恐るべし。

 
利用者目線の生の声が聞けるって本当に参考になりますね。

 
電化製品で水漏れエラーとなると、素人ではどうにもならないと思っていましたが、排水カップが原因だったとは…!!
 

排水カップを洗浄するにはいったん本体を取り外すなど大がかりになるので、取説でも恐らく説明範囲外であり、案内もあえてしていないのかも知れませんが、水漏れエラーの原因の可能性の一つとして、知っているのと知らないのとでは全然違いますね。
 

私が知ったのは本体をまるごと交換した後でしたが、今後のためにもすぐに庫内クリーナーを再注文しました。笑。
 

 
本体まるごとセルフで交換するのなら、どっちみち本体はいったん外すので、その際に排水カップのお手入れを試してみる価値はありますね。

 
最初の食洗機には10年過ぎてから初めてこのクリーナー使いましたが、もっと早くから予防も含めてこまめに使っていれば、もっと長く元気に活躍してくれた可能性も大だったと思います。
 

Amazonプライムなら送料無料

我が家の修理履歴

 

2006年9月
使用スタート
2015年4月
修理1回目
洗浄が悪くなる不具合。
洗浄ポンプ、排水ホース、水槽タンク交換

出張料、技術料、部品代の計、約44000円

2017年8月
水漏れエラー
電源の抜き差し ➡ 庫内クリーナー使用で自己解決!
実費 1080円
2018年4月
修理2回目
給水弁交換 2400円
2018年8月
水漏れエラー
庫内クリーナーを試すが解決せず・・・
修理はあきらめ、本体丸ごと交換へ。

2015年迄の間にも一回くらい修理をして3万円ほどかかった記憶もありますが…明細をとっていなくてはっきりしないので記載は省略しています。

また、10年を経過した2017年あたりから不具合やエラーが頻繁におこるようになりました。
 

【DIY】ビルトイン食洗機をセルフで交換できる?

 
食洗機はもはや無くてはならないものなので、数日使えないだけでも不便な日々です><

壊れたまま・・・という選択肢はないので、修理するか買い換えるかの二択でした。

悩んだ末、交換することに決めた理由は、こんなところです。

  • 電化製品のひと区切りとも言われている10年を超えている
  • 修理の頻度が頻繁になってきた
  • メーカー純正品がAmazonなどで安く買える
  • 型落ちなら更にお得かも
  • DIYもできそう
  • 新しくした方がコスパ的に良さそう

私自身は少しでも早く使用したいので、ひとまず修理を…という気持ちもあったのですが、「買い換えた方がよくね?」という家族の意見もあり、設置もDIYでしてくれるとのことで修理の依頼は辞めることに。

また、ドアの面材もシステムキッチンに合わせてオーダーで組み込んでいたので、そこが見た目として変わっちゃうのは残念でしたがしょうがないです。

パネルを別注で後から付けることもできるタイプですが、面材って意外と高いんですよね。とりあえず優先順位としては後回しです。

取替や設置はセルフでも簡単!

 
ビルトインタイプでシステムキッチンに組み込まれているので素人での取替は難しいと思ってましたが、実際には引き出しに箱がスポッとおさまっているイメージで取り替えも簡単にできるようになっています。

パナソニック公式の動画がとてもわかりやすいです。

(3分11秒)

 
(6分59秒)

食洗機本体をお得に手に入れるには

 
お店を見て回らなくても、寸法さえ合えば通販でもゲット可能。
自宅でも検討できて便利でお得です。

ココをチェックすればバッチリ!

規格が決まっているので、旧機種や設置場所の寸法に合っていればOK!

アマゾンや、ヤフオクなら型落ちモデルなども狙い目かもしれません。

 
私はAmazonでこの機種を買いました。


 

ビルトインタイプでも安いものだと3万円台のものもあります!

 
旧機種とのメーカーが異なっても規格が合えば交換は可能だと思いますが、配線の違いなどもあるかもなので、同じメーカーを選択するのが無難かと思います。また大手メーカーはアフターフォロー面でも安心♬

DIYスタート!

 
事前に床の養生はしておきましょう。

作業員:だんな
用意するもの:軍手、ドライバー、スパナ等。

作業手順や事例紹介などの動画 がパナソニックはとても充実していて参考になります。

作業前ビフォアー写真

 
基本は引き出しのようにスペースにおさまっているだけなので、ドライバーで前ズレ防止金具を外せば簡単に引き出すことができます。

配線が裏でつながっているのであらかじめ取り外しておきましょう。

旧機種の配管を外す

コンセントやアースを抜き、止水栓も閉めておきます。

給水ホースと排水ホースもはずします。

ホースから水が出てくるので注意です。

本体の取り外し完了

 

 
本体を傾けると下から油の混じったような排水がでてきました。要注意です。

設置スペース

撤去したらこんな感じ。
上段に食洗機、下段は収納スペースでした。

収納スペース奥の隠し扉を外すと配管スペースがあります。

新機種の設置

配管やコンセントケーブルがかまないように、先に上段から通して下から出しておきます。


 
ゆっくり押し入れます。


 
新機種の配管も取り付け完了。

給水用の管、排水用の管、コンセント、アース。

これだけなのでそこまで難しくなさそうです。(私は何もしてませんが…)

交換&取り付け完了!

 
ぴったりおさまりました!

ちゃんと固定されているかどうか、試運転して水漏れがないか慎重にチェックしましょう。

 
電源ボタンなどの操作パネルが内側にあるので、その分の外観がすっきりした印象。

旧本体の廃棄について

 
自治体の粗大ゴミの廃棄ルールに従って処分しましょう。
我が家では620円で引き取り処分ができました。

【DIYで食洗機の交換】完了後の口コミ

 
交換自体は素人の日曜大工作業でも一時間もかからなかったと思います。

水漏れやエラーなどの問題もなく、特に手間取った様子もなく無事に設置を終えることができました。

交換にかかった総費用はいくら

 
Panasonic (パナソニック) M8シリーズ ビルトイン食器洗い乾燥機 ドアパネル型 ディープタイプ 幅45cm NP-45MD8S

  • 本体価格 ¥95,800
  • 送 料 ¥0
  • 粗大ゴミ処理料 ¥620

合計 ¥96,420

トータル10万円かからないで済ませることができました。
修理に数万円かけるより賢い選択だったと思います。

見た目はどう?

 

気になっていた面材パネルの外観について。

比較するとどうしても前の方が統一感というか組み込まれた感じが気に入っていたので残念だけど、思ったより違和感もなくおさまったのでここは妥協します。
 

交換まえ

交換した後

頻繁に来客があるわけじゃないし
他人はそこまで実際のところ見ていないですしね。笑

シルバーが周りとマッチしているし充分ですよね。

使い心地は?

 

モデルチェンジしてもあまり進化していない…という口コミもあったので、そこまで期待はしてなかったのですが、結果から言うとコスパともに大満足です。

上段のグラスなど置く上かごのスペースが倍くらいに増えたのでカレー鍋も楽々おけるようになり、スライドできたり、軽いものが水圧で飛ばされないための押さえる機能も増えていました。

扉のロックがなくなり、スタートボタンを押して閉めるだけで洗浄開始になったり、ecoナビ機能があったり。

大きくは変わっていないようで、ちゃんと進化していました。

修理対応や交換を考えると、大きく変わらずに基本は同じであるメリットも大きいのかもしれません。

これから末永く大事に使いたいと思います。

また、洗浄力もパワーアップしていて仕上がりも前よりキレイになりました。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*