フレンズプロビデントのIFAを移管しました

 

2009年の年末に契約した海外オフショアの積立投資案件「 フレンズプロビデント 」

右肩上がりの複利のグラフに夢を抱き、初めて契約した投資案件でしたが、いっこうにプラスにはなりません。。

契約当時は宝くじにでも当たったかのような嬉し気分でワクワクだったのに・・・!!

ただ、そうはいってもこれは長期の積立だし、最終的にちょっとでも増えれば・・・ってうっすらとした希望と、IFAのメルマガの最後に毎回記載されているこの文を真に受けて何年もじっとしていました。

 

※投資の注意点

為替というものはご存知のとおり
円安になったり円高になったりと上下動を繰り返しています。
この動きに一喜一憂せず
円安になった時には持っている海外資産が増えたと喜び
円高になった時には強い円で安い通貨(ファンド)を大量に買えると喜ぶ。
そういった思考を持つようにしておく
これが投資にはとても大切な考え方であり本質です。

 

はい、一喜一憂はしてはいませんでしたが
3年経っても、5年経ってもマイナスです><

これでは複利の効果も発揮できません・・・

というより、この手の案件は途中解約すると大損となるし、積立停止の選択をしても、手数料の割合が高くなり不利となるので、疑問に思いながらも継続するしかなかったのです。

当時、紹介してくれた方は連絡はとれなくもないけどとりづらいし、一緒くらいに始めた人たちは今どうなんだろう・・・??

ネットの情報を頼るしかなくて、検索してみても大体がマイナス運用みたいなので、そんなもんなのかなーって思ってました。

運用成績はよくなくても、各種事務手続きなどの対応はきちんとしてくれていたし
その他のIFAの中でもG社はマシな方なのかと思っていました。

そんな中、ここ最近にちょっとしたご縁があり、ほぼ同じ条件でかなりプラス運用の実績があるIFAを紹介してもらえることになったんです!!

結論としては無事に移管の手続きを終えることができました。

移管にともなって縛りや条件ももれなく付いてきましたが、結果、プラスになれば(とんとんでも)そのまま旧IFAの元で継続するよりも正解だったこと言えることになります。

今後どうなっていくのか楽しみです。

運用成績、報告していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*