すぐに入れる海外旅行保険。損しない為に加入前に知っておきたいこと。


  • 海外旅行におすすめの保険が知りたい。
  • そもそも保険って必要?
  • 出発まで時間がないんだけど、すぐに入れるの?

そんな疑問に、損しない為の事前に知っておきたいお役立ち情報と合わせて答えます。

個人手配の旅は海外旅行の保険もセルフで

 
今回の旅行はエクスペディアを利用した個人手配の旅。

海外旅行の保険

ホテルと航空券の予約と手配を代行してくれるだけで、それ以下でもそれ以上でもありません。

よくも悪くも自由。

過剰なサービスや使わないオプションなどもない代わりに、格安。

そして予約以外のことは自己責任です。
保険も、ツアーのパックとしては付帯されていません。

でも大丈夫…!

必要があれば、海外旅行保険はネットからすぐに申込&加入できます!

ただ、そもそも海外旅行保険って必要なのか…
そんな疑問もわいてきます。

その加入ちょっと待って!保証がかぶってるかも。

 
実は、手持ちのクレジットカードに旅行保険が既に付帯されている可能性が大きいです。
海外キャッシング

クレジットカード付帯の保険について

 
所持しているクレカに必要な保険が付いているかどうか、また適用条件をクリアしているかどうかを確認してみましょう。

国内旅行、海外旅行、充分な補償内容と金額か、旅行代金を該当のクレカで決済した時のみかどうか、などです。

旅行代金の支払いに使っていなくても、所持しているだけで適用されるクレカもあります。

海外旅行のおすすめのクレジットカード2選についての記事はこちら

海外旅行に必須!最低限ダウンロードしておきたい便利アプリ3選! 【保存版】海外旅行に必須のアイテム、カンクンに持って行きたいグッズまとめ。

 
このことも事前に把握できていれば、旅行代金の決済時にコントロールもできますね。

不明な場合は、各クレジットカード会社のHPや電話などで確認できます。

損保ジャパンの【Off!】に加入してみた

 
保険の加入の要否について話しを戻しますが、世帯主でなければ死亡保障は特に要らないと思います。

損保ジャパン off
 
大人(わたし)の分は、クレジットカード付帯の保険でまかなうことにしました。

子ども2人ぶん(料金は大人扱い)の保険をどうするか?ですが、携行品損害や賠償責任、航空機寄託手荷物遅延も含まれていたので含まれていたの安心料として入ることにしました。

2人で合計3850円でした。

旅行先からの相談も通話料無料&日本語対応!

 
困ったことが起きたら滞在先ごとの窓口に日本語で相談できます。

損保ジャパンの【Off!】の海外旅行保険

しかも安心の24時間対応!

気になる通話料も基本は無料だから安心です。

イザという時に活用できるように連絡先を控えておきましょう。

すぐに入れる!出発当日でもOK!

 
まだ日本を出発していなければ、思いたったその時に申込できて助かります。

後日、書面の契約書も届きますが、自宅控えなので旅行時に携行していなくても問題なしです。
 

当日でも間に合う海外旅行保険
 

申込完了後のメールに契約書番号の記載もありますし、マイページから契約内容の照会ができます。

また、出発前であれば、旅行を中止した場合などに契約の取消しや変更も可能です。

契約の条件をかんたんに下記に紹介します。

  • 旅行出発日の当日でも申込可能!
  • 日本国内からのアクセスであること
  • 利用時点で国内に在住していること
  • 旅行期間は92日以内
  • 出発日前日または当日申込の場合は航空機遅延費用の追加不可

必要な補償のみのオーダーメイド契約?

 

必要な補償のみで組めるという「 オーダーメイドプラン 」の記載があったのですが、これは個人プラン(一人での申込)でしか適用できないようです。

ファミリープランやカップルプラン(兄弟などでもOK)の場合、補償項目がパッケージのため不要なものも含まれてしまうのですが、2人以上の申込割引によって格安になるので、結局こちらを選択しました。

補償項目の簡単な説明はこちら。

治療費用

旅行中の怪我または病気により医師の治療を受けた場合の治療費用。

障害死亡・後遺障害

旅行中の怪我による死亡、後遺障害に対する保険金

疾病死亡

旅行中に病気で亡くなった際の保険金

救援者費用

旅行中に怪我や病気で3日以上続けて入院し、家族が現地にかけつけた場合などの費用の補償。

賠償責任

他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたこと等によって、法律上の賠償責任を負った場合の補償。

携行品損害

身の回りの持ち物が盗まれたり、壊れたりした場合などの補償。

航空機寄託手荷物遅延等費用

航空会社に預けた手荷物の到着が遅れたため、着替え等を購入した場合の費用

航空機遅延費用

搭乗予定航空機の欠航や運休等により交通費や宿泊施設等の費用を負担した場合の費用。

レンタルWIFIともかぶっていた話し

 
今回、モバイルWIFIもレンタルしたのですが、申込ページを進んでいくと、機器の紛失や破損に対しての保証の要否のチェックを入れる項目がありました。

携行品の補償
 
万一、無くしたり壊れたりしたら…余分にお金がかかるのは嫌だなと感じてなんとなくチェックを入れる、というのは通常ありがちだと思います。

でも、今回 加入した保険の補償項目に【携行品】とあったので、保険会社に問い合わせてみたら、「 旅行中に利用するものなら補償の対象 」と確認できたため、WIFIレンタルでは保険加入なしの契約で済みました。

問い合わせは休日や祝日でもチャットの相談窓口があるのでとてもスムーズです。

保険自体は、何もなかったらないで安心料としてそれでヨシとは思えますが、何か起きたとしても実際には使わなかったりダブっていたら無駄ですよね。

意外と見落としがちなので、無駄は省いて賢い準備を^^

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*