【国際線】航空券の名義を間違えたらどうなる?事例と対策まとめ

航空券の申込時の名前とパスポートの表記の不一致。

ちょっとしたことだと思っていましたが実は重大でした。

航空券の名義を間違えたらどうなる?

  • スペルを一文字間違えた!
  • ラストネームとファーストネームを間違えた
  • 読めなくは無いけどパスポートと違う。SATOH→SATO とか
  • 航空会社で変更してくれるの?
  • どこに連絡すればいい?
これってどうなる?そんな疑問を解消します。

航空券の名義を間違えたらどうなる?

 
申込時のちょっとした間違いなら、その箇所だけコンピューター上でちゃちゃっとすぐに訂正してもらえると軽く考えていたのですが…

国際線は基本NGです!

 
国際線の場合は、パスポートの表記と一致していないとダメです。

航空券の予約の取り直しが必要です。

1文字でも違っていると、チェックイン・入出国が 『 拒否される可能性 』 があるからです。

ANAの公式サイトにこういった注意書きが掲載されていました。

航空券の名義を間違えたらどうなる?

名前間違い航空券

画像が見づらいの下記に要約します。

  • 保安上の理由により「パスポート名」と「航空券の氏名」が一致していない場合は搭乗できない
  • 本人でも、予約後に氏名の変更(姓名の順番、スペル修正含む)を承れない
  • 航空券はいったん払い戻して新たに予約・購入が必要
  • 婚姻などやむを得ない理由の場合はANA国際線電話窓口へ
  • 入力ミスなどのやむを得ない理由の場合はANA国際線電話窓口へ
 
保安上の理由ということなので、対象は国際線のみという感じでしょうか。

入力ミスについても「 やむを得ない理由 」に該当しているようですが、それでも電話相談窓口へとのことなので、事前に対応が必要ということですね。

大丈夫なケースもある?

 
中には大丈夫だったという人もいるみたい。

そうだとしたら、取り直しの手間やキャンセル料が無駄になるんじゃない?と思われるかもしれません。

とはいえ、基本はそのままにしないでまずは連絡することをおすすめします!

その上で、OKという回答ならそれで安心できますしね^^

その際に、問い合わせした際に回答してくれた担当の方の名前は確認して控えておきましょう。

名前をたずねることで、その回答に責任を持つことになるので適当なことは言えませんし、後で言った言わないになることも防げます。

最悪、出入国の拒否や航空券の買い直しも

 
また、ちょっとした「大丈夫かも」の可能性にかけて、そのまま当日に向かったとして、出国や入国拒否されたら…

現地の言葉で交渉する必要がありますし、そこでダメなら「 航空券の買い直し 」になることもあり得ないことではありません。

そうなれば結果的に当初のキャンセル料より負担も増えますし、時間がかかれば乗り継ぎに失敗してしまうかもしれません。

何より、楽しみにしていた年に数回、または数年に一度の旅行が台無しになったり、仕事なら穴をあけてしまうことにもなるかもしれません。

そんな最悪の可能性を避けるためなら、誤りが判明した時点で対応すべき、と思います。

優先順位として、当日に安心して出発するように対処しておくか、手間やキャンセル料がかからない少しの可能性にかけるか、どちらをとるかということですね。

【ユナイテッド航空】姓と名を逆にした事例

 
私自身は、エクスペディアで航空券とホテルを予約した際に、航空券の名義のうちのひとり分の姓と名を逆にしてしまいました。

  1. Hanako Sato
  2. Taroh Sato
  3. Sato Jiro

こんな感じで。

確認メールを眺めていたら、誤りに気がついてとりあえず連絡しておこうとエクスペディアに電話してみたら、予約の取り直しが必要と言われました。

訂正はしてもらえない

 
予約情報のうち間違えた部分のみをコンピューター上で訂正するのは不可で、キャンセルして新たに予約をしなくてはいけないとのこと。

ホテルやオプションツアーなどなら訂正できるが、航空券の場合は無理だそう。。

予約そのもの(航空券+ホテル×家族分)をまるごとキャンセルするので、クレジットカードには数十万円の決済がかかっていたため、ちょっとしたトラブルもありましたが、航空券のチケットは確保したいためすぐに予約を取り直しました。(土曜の深夜)
 

エクスペディアでのプチトラベルについての記事はこちらです。
エクスペディアってどう?個人手配旅行をExpediaで予約してみました。  

また、最初の予約を入れてから10分も経っていなかったので、フライトの予約データは航空会社にはまだ届いていない状態であること、キャンセル料はかからないとの説明がありました。
 
平日の日中なら、航空会社(ユナイテッド航空)に確認してからということもできましたが、とりあえずは予約の確保です。

今度は間違えないように慎重に入力…!

ユナイテッド航空に問い合わせてみた

 
週明けの月曜日。

なんとなくセカンドオピニオンも聞いておきたいと考え、ユナイテッド航空に確認の電話をしてみました。

回答は、名前間違いはダメとのこと。

エクスペディアと同じ意見でした。

ということで、やはり、名義の誤りはダメみたいです。取り直す必要があります。

日にちによってはキャンセル料がかかってきますので、早めに対応しましょう。

後日…、成田で自動チェックイン機(キオスク)で、進んでいくと氏名の確認時に編集ができるようにな画面がでてきた気もしてあれって思ったのですが、、そこはちょっと実際には試していないので不確かです。

ユナイテッド航空への事前の問い合わせでもダメと言われたのでダメなんだとは思いますが、実際のところどうなのか気になります。。

航空券の名義間違いなどのリスクを抑えるには

 
極論は、ツアーなら旅行会社を通して申し込むか、航空会社のカウンターなどで申込むことです。

別途、申込書等に記入したものを、データ入力や航空会社への送信についてはお任せしている形です。

航空券の名義がパスポートと一致していることは大前提であり、プロが入力する際は一字一句間違いのないように慎重に再確認した上で送信しています。

また、万一誤りが見つかっても、責任をもって対応してもらえるでしょう。

航空券の名義間違いはやはり致命的だった

 
「航空券の名義間違いは致命的!」という点をまずは理解することが大事!

その上で、誤りのないように確認の上でなら、セルフでもOKと言えます。

マイレージ会員なら自動で入力される

 
また、航空会社の公式サイト経由の場合、マイレージ会員のナンバーを入力したりなど、チケット購入時に自動で個人情報などが反映される状態であれば間違いも防げます。

航空券の氏名は一字一句パスポートと一致しているかどうかとても重要、が結論です。

これからは要注意ですね…!!

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*